ケアマネージャーの将来性は?AIでなくなる仕事なのか?33歳の中堅が語る




介護業界です。具体的には高級老人ホ-ムのヘルパ-リ-ダ兼ケアマネ。経験年数は7年になる33歳です。年収は380万円です。

具体的には高齢のホ-ム入寮者の生活面でのサポ-ト、多くのケアプランの作成で食事関係の補助は行いません。

ケアプランの作成は、利用者ごとに異なるので大変苦労しています。ただ、全く異なるものを毎回作成するのではないので、AIで代行されてしまっても仕方ないかと思う時はあります。

 

【 ケアマネージャーが抱える現状の課題について 】

■問題点1 ⇒  一番は、給料が安いということです。

 

これは、日本の制度自体に問題があるので、老人ホ-ムの経営を担っている会社が悪いというわけではありません。ただ、その為にいい人材が、介護業界に入ってこなくなってきています。いわゆる負のスパイラル現象が起きてきています。

■問題点2 ⇒ ステップアップの階段が少ない。

 

小さな会社でも、最初の平社員から、一番上は、役員を経て社長という階段があります。

 

介護業は、細かく専門性で分けられているので、一番最初の階段から、一番上の会談までのだんすうがあまりありません。全国展開している高級老人ホ-ムならば。国内で場所移動等がありますが多くはそのままです。メリハリがつきにくいです・

■問題点3 ⇒ 外国人留学生の採用につれて、安かろう、悪かろう現象が起きてきています。

ケアマネージャーの仕事がなぜAIでなくなってしまうのか?

AIは将棋のソフトを見ればわかるように、新しい局面を学習し、自分の引き出しを増やして次の対戦の時にはそれに対応できる手を打つということです。

 

我々介護の業界で言うと、AIがやることは利用者さんの様々な要求、アシスト、お手伝いにいかに対応するかということに対して最適の方法を提案することになります。

日頃のヘルパ-、ケアマネの業務の中で、今までの経験をフル稼働させて対応しなければならないのは思うほど多くは有りません。

大概の要望は瞬時にメニュ-づくりができます。

 

できないのは、ここからなのです。ここまでの仕事はAIでなくなっていくでしょう。

 

その出来上がった提案を実際に、実行に移すのに、人手がいります。この人手がなくて困っているのが現状です。

 

そういう意味で言うと、外部の訪問医師というシステムがあります。

これは、利用者さんへの問診がきちんと出きれば、いらなくなると思います。このシステムは、本格治療ではなく、一次対応を行うのが目的で、重篤な場合、病院に搬送します。

ここの判断も実際にはAIで十分対応可能です。

ケアマネージャーの将来がAI導入でどう変化するのか?

2019 01 30 10h39 03 - ケアマネージャーの将来性は?AIでなくなる仕事なのか?33歳の中堅が語る

将来性ということになれば、ケアマネ業務でも、純粋にケアプラン作成ということになると人手はいらないでしょう。

 

AIに現状を正確に伝える、つまりAIの画面に、微細漏らさず、利用者の状況を入力することで過去のデ-タと整合して、今回の場合一番効果的な方法を作成するからです。

 

利用者から出てくる、様々な情報発信を読み取り、正確に要望を読み取ることです。これは人間の医師、それも大きな総合病院の医師でも出来ていません。

 

沢山の患者を相手にしなければならないので、うわべのやり取りの内容で医療法院を決めていることが多いです。かなりいい加減です。

ここは、現在はまだAIも出来ていません。

 

従って、そこを埋める形でスキルをもつことが介護業界で生き残る道かと考えています。AIと組んで最強の介護メニュ-を作成できるというのが、一つの売りになるかと考えています。

 

また。その流れて訪問医師制度は不要になり、その他の医療関係者で代行が可能になります。

 

ケアマネージャーとして今後生き残るために必要なスキルとは?

2019 01 30 10h40 12 - ケアマネージャーの将来性は?AIでなくなる仕事なのか?33歳の中堅が語る

与えられた課題に対する対応力は、人間はAIは勝つのは難しいです。ただ、介護業の場合、課題というのは、利用者が攻めてきてそれをいかに対するかということではありません。

そうではなくて、まちまちな利用者から出てくる。様々な情報発信を読み取り、正確に要望を読み取ることです。

そして、その状況においての最適な医療対応、介護対応することがAI導入の最有力メニュ-と言えるでしょう。

 

他の事柄は全て実動が付いて回ります。超具体的には、老人ホ-ムの入居者の定期健康診断の見立て、ケアプランの作成、更新ということになります。

ここをAIにとって代わられないようにするには。様々な努力が必要かと思われます。

ただ、健康診断の見立ては、人間の医師、それも大きな総合病院の医師でもかなりいい加減です。そして、ここは、現在はまだAIは出来ていません。

従って、そこを埋める形でスキルをもつことが介護業界で生き残る道かと考えています。

ただ、電子頭脳と呼ばれるレベルの物が出てきたら、人間以上の対応をしてくれるようになるかと思います。もっとわかりやすく言うと、とってかわられないようにするのではなくて、AIの強味を最大限生かせるように仕事の進め方を変えてゆくよう似ています。

老人ホ-ムの経営を担っている会社なので、労働力集約型の会社です。

 

従って現場で実施している作業はどんどん機械化してきています。その際にも労働の場が似なくなるのでは心配はされました。

そして実際に、仕事はある程度減りましたが、落ち着き、その機会と共存した形で今は仕事が進んでいます。

 

頭脳の機械化がAI化だと考えています。

 

ある程度、仕事は減るかと想定しています。訪問医師とケアマネの仕事の一部です。だから、PCの資格に精通するようにしています。必要ならば取得します。

今後ケアマネージャーになろうと思う人におすすめの資格や勉強法

2019 01 30 10h40 28 - ケアマネージャーの将来性は?AIでなくなる仕事なのか?33歳の中堅が語る

AIとは争うのではなくて、うまく一緒にやっていくというのがいいかと考えています。与えられた課題に対する対応力は、人間はAIは勝つのは難しいです。

ただ、介護業の場合、課題というのは、利用者が攻めてきてそれをいかに対するかということではありません。

そうではなくて、まちまちな利用者から出てくる。様々な情報発信を読み取り、正確に要望を読み取ることです。

そして、その状況においての最適な医療対応、介護対応することがAI導入の最有力メニュ-と言えるでしょう。

 

他の事柄は全て実動が付いて回ります。介護業は、労働力を提供するのが主の業界であり、知力を結集した物を提供する業界ではありません。

 

超具体的には、老人ホ-ムの入居者の定期健康診断の見立て、ケアプランの作成、更新ということになります。ここをAIにとって代わられないようにするには。様々な努力が必要かと思われます。

老人ホ-ムの経営を担っている会社なので、労働力集約型の会社です。従って現場で実施している作業はどんどん機械化してきています。

 

その際にも労働の場が似なくなるのでは心配はされました。そして実際に、仕事はある程度減りましたが、落ち着き、その機会と共存した形で今は仕事が進んでいます。

 

頭脳の機械化がAI化だと考えています。ある程度、仕事は減るかと想定しています。訪問医師とケアマネの仕事の一部です。

 

だから、PCの資格に精通するようにしています。そういう意味ではネットの副業でスキルを身に付けつつ稼ぐというのは良いと思います。

 

具体的に取っておくと良いのは、日本ディープラーニング協会:G検定(ジェネラリスト検定)があげられます。

この資格はジェネラリスト検定と銘打たれたもので“ディープラーニングに関する資格を有し、「事業活用する人材(ジェネラリスト)」を育成する”という目的の元に作られた資格です。

次に 日本ディープラーニング協会:E検定(エンジニア検定)です。

こちらはエンジニア向けの資格です。より専門的な内容が出題されそうですね。
、E検定には受験資格が定められています。

JDLA(日本ディープラーニング協会)認定プログラムを修了していることが求められます。

とりあえずこの資格を持っていたり、受験したことがあるということでもあれば、採用には非常に有効に働くとか考えられます。

この業界で給料をあげていくためには、一歩上の勉強が必要だということです。

 

この人の意見や考え方はどうでしょうか?感想待ってます!

おすすめの記事