私は現在組込系のシステムエンジニアとして働いています。現在四年目で27歳です。年収は500万弱もらっています。

組み込み系のシステムエンジニアとは、簡単に言うとカーナビやテレビなどの製品に”組み込む”ためのソフトを作るエンジニアです。

 

組み込み系に限らず、システムエンジニアとはプログラムを作るだけではありません。どういった機能をソフトに持たせるとお客さんが使いやすいか?という仕様の段階から考えるのがシステムエンジニアの役割です。

 

そうして考えた仕様を実現するためのソフトウェアの設計を考えて、初めてプログラミングという形で実装を行います。

AIとIT業界の今後を考えるときに「プログラミングはAIに取って代わられる」とはよく言われる言葉ですが、システムエンジニアとはプログラミングの一歩先の領域を担う存在です。

 

ソフトに関する知識だけではなく、エンドユーザにとっての使いやすさを常に考る必要があります。カーナビのソフトを作るのに、車や交通ルールに疎くては良いカーナビソフトは作れません。

 

炊飯器の制御システムを考えるのに、お米をたくときの火加減を知らなくてはいい炊飯器は作れません。

AIが繁栄してもシステムエンジニアのキャリアには影響がない

2018 12 10 18h34 56 - システムエンジニアのキャリアとAI時代に必要な2つのスキルを考えた

プログラミングだけしかできなければ、AIに仕事を奪われやすいかもしれません。しかし製品に関する知識を蓄えたシステムエンジニアは、業界が今後も必要とし続けるでしょう。

また昨今様々なメーカが出しているAIを謳った製品の数々を観るに、AIに仕事を奪われるよりもAIを組み込んだ製品が開発がなされることのほうが多いでしょう。

 

そのためAIの開発に関する知識・技術を身に着けたシステムエンジニアは、それだけで必要とされる人材となります。

新たな治療法を考えたり、小説の新人賞に応募して一次選考に通過したり、AIの進歩には目覚ましいものがあります。

 

しかしまだまだAIとは発展途上の技術であることは否めません。今後もさらなる技術開発・研究が求められ続ける領域でしょう。

システムエンジニアはAI技術に限りなく近い領域で仕事をすることができる職種です。そのためAIの発達によるシステムエンジニアの将来性は限りなく明るいものだと言えるでしょう。

 

AI開発者、技術者としての知識を身につければ、社会に対しての大きなニーズを求められることでしょう。

AI時代においてシステムエンジニアに必要な2つのこと

2018 12 10 18h35 26 - システムエンジニアのキャリアとAI時代に必要な2つのスキルを考えた

自分がシステムエンジニアの仕事をしていて、この仕事がAIにとって変わられないために必要だと考えるのは大きく分けて次の2つがあります。

 

  1. 製品知識を身に着けて、自社で作っている製品・システムについてより詳しい人材になる
  2. AI関連の技術を身に着けて、自社製品の開発に役立てることのできる技術者になる

 

まず1つ目の「自社製品・システムについて詳しい人材になる」についてですが、ソフトウェア開発において仕様から設計を行える人材とは稀である、という前提があります。

 

「ITに詳しいです! プログラミングができます!」という人は、乱暴な言い方をすれば捨てるほどいます。

現在はプログラミングの学習サイトや情報発信ブログなど、無料で技術を身につける方法はいくらでもあるため、やる気さえあれば誰でも学ぶことができるからです。

しかし製品知識に詳しい人となるとそうはいません。第一に学ぶための環境が整っておらず、開発の仕事で製品と向き合っていく過程で覚えていくしか無いからです。

 

またプログラミングの知識と比べて、その製品に関わっている技術者自体が少ないので「〇〇の製品に詳しいシステムエンジニア」という条件に絞ると人材は非常に限られています。

また2つ目の「AI関連の技術を身に着ける」に関してですが、AIはまだ流行り初めの技術なので、使いこなせる技術者も一部に限られています。

 

そのうえ今後AIを組み込んだソフト・製品を開発していくことは明らかです。AI技術の流行によって、これらの技術を身につけるための教材なども多数用意されているので、技術として身につけておいて損はないでしょう。

自分は毎日の仕事を真剣に取り組むことで製品知識を高め、また同時にAI技術に関する勉強を初めています。いずれ「製品・システムに詳しく、AIもわかっているシステムエンジニア」となれば、業界に対して替えられない人材となることができます。

 

システムエンジニアは製品知識と複合Itスキルで生き残れ!

2018 12 10 18h40 37 - システムエンジニアのキャリアとAI時代に必要な2つのスキルを考えた

これからシステムエンジニアとして働く人は、ぜひ様々な技術を身につける意欲を持ってほしいです。
IT技術の学習サービスは非常に充実していて、ほとんどを無料で、また格安でかなりのボリュームを学ぶことが可能です。

 

製品知識が大切だとこれまで話してきましたが、業務以外でできるスキルアップではやはりIT技術です。

一口にIT系と言ってもWeb系、アプリ系、組み込み系、ゲームエンジニアなど多種多様な業種があります。そういった様々な業種に対応できるスキルを身に着けておくといいでしょう。

 

完璧にする必要はありませんが、調べながらなら業務ができる、程度に理解ができていれば、職種が変わっても戦っていけます。

特に漠然とシステムエンジニアになりたいと思っている人は、いくつかの領域の技術のさわりだけなぞって、どんな開発をしたいのかのイメージを掴むといいでしょう。

またAI技術はぜひとも身につけておいてほしいです。

 

SEは自動化される技術を使いこなすスキルを身に着けよう

 

今後AIに置き換えることのできる業務は、仕事や日々の生活行動含め多種多様です。これらのシゴトをAIに置き換えるためには、そのためのAIの開発が必要不可欠です。

 

自動運転から工場の生産管理、毎日の献立の作成まで、それぞれ専用のAIを作る必要があります。AI関連の技術を身に着けておけば、それこそニーズに限りがありません。

コンピュータの開発で、書類仕事にかける時間は格段に減りました。ですがマイクロソフトやアップルができました。AI技術を身に着けておけば、あなたが第2のマイクロソフトやアップルになるかもしれないのです。

システムエンジニアという働き方について、自分は非常に面白いものだと思っています。日々新しい技術ができてきて、意欲さえあればいくらでも成長ができます。

 

使う技術についても常に発展し、移り変わっていくので工夫次第で毎日新鮮な気持ちで仕事をすることができます。

これからシステムエンジニアで働く人達は、ぜひシステムエンジニアという働き方を楽しんでください!

この人の意見や考え方はどうでしょうか?感想待ってます!

おすすめの記事