金融業界で勤続年数は3年、38歳です。年収は320万円くらいです。私は三菱UFJニコスで勤務しておりますが、正直。AIで仕事のニーズが減るのは間違いないです。

一応スーパーバイザー(SV)としてオペレータのエスカレーション(相談)に乗ったり2次対応をしてます。

過去にも同じSV業務でメシを食ってましたが商材が違うと全く別業種です。私の知見が狭いのでなんともいえませんが、これだけは言えます。

 

SVの仕事ではなくてAIに新しいデータを入力したり、メンテナンス、アップデート、アップグレードする仕事に変わっていくと感じてます。

 

そういった意味ではSVとしての将来性はではなく別業種にアップグレードしての将来性ができてくると感じます。ただしコールセンタ で働くのは将来性はありません。

 

私の会社のコールセンタ のオペレータは「第三者のクレジットカードの不正検知に対して」反応してコールしてあなたの利用した取引ですか?ってヒアリングすることです。

 

これに関してはAIでオペレータはいなくなります

 

AIでオペレーターの仕事はなくなる理由

2018 11 11 22h32 56 - 金融コールセンターAIで消える仕事!今後の準備をしてますか?

理由は簡単です。オペレータの仕事は「第三者が不正利用した」そう思われる不正検知に対してお客様に「あなたが利用しましたか」ってヒアリングするだけの仕事。単純労働だからです。

 

こんな簡単な仕事でオペレータは「敬語」「こういったほうがいい」って無駄なことをSVに言われます。

 

私はSVの立場からそんな無駄なことは話しません。警告もしません。そんな無駄なことをするならオペレータではなくてAIに決まったルール、ルーチンワークをさせたほうが人件費も浮きます。

 

特に日本人は人件費が高すぎます。そんなのはAIの電気代に任せて「不正検知データ」を認知させて、そのままお客様にリーディングさせる。それだけですみます。それだけの仕事です。

 

どこのオペレータでもそうですが、近い将来には単純なオペレータはAIに持ってかれるのは間違いないです。

 

私はオペレータっていう単純労働に従事するくらいなら、もっと技術のいる仕事に着くのが一番良いと思われます。

 

その時点で「正社員」「契約社員」「派遣社員」「ノマドワーク」「個人事業主」なんて枠は確実になくなると感じてます。

 

オペレーターはAIで仕事を奪われる前に勉強しろ!

2018 11 11 22h30 43 - 金融コールセンターAIで消える仕事!今後の準備をしてますか?

私の仕事はクレジット業界で、不正検知(第三者が不正利用)した疑いがあった場合にお客様に電話するオペレータを監視するSV(スーパーバイザー)です。

 

先程も書きましたが、オペレータ自体は間違いなく無くなります。誰でもできる仕事に安いながらも人件費を払い、それに伴い福利厚生までつけるオペレータには将来性はないです。

 

全く先が見えない仕事には誰でもつけます。オペレータに関してだけでないかもですがね。

 

オペレータとして仕事は無くなりますが、対策はなることはあります。私はSVという立場なのでSVで将来を考えた対応策を話します。私はAIが確実に入る業界です。

 

正直、金融のことなんてどうでもいいです。勉強なんてしていません

 

今ではテクノロジー、お金の送金に変わる「仮想通貨」それも送金手段としてのリップルに関して勉強してます。また投資もしてます。

 

金融業界は人間関係が異常なほど悪いので強くないと食われてしまいます。

 

多少悪くないといけません。そして悪い人間は非常に狡猾で賢い。私はその中でも賢い人間です。業界や会社など小さな存在がいうくだらない知識を頭に入れるつもりはないです。

 

目先でしか使えない技術だからです。それよりもAIに取って代わった仕事よりも。オペレータ、SVともに今後のテクノロジー、仮想通貨、AI、ビッグデータの勉強は確実にしております。

 

また仮想デスクトップなど、今の業界にいられなくても通用する技術だけは頭に入れるために勉強。または友人の会社でCitrix,VMWAREなどのテクノロジーを勉強して実践しています。

 

どんな会社でも実践できるように、今のアナログな業界で埋もれないために実践してます。AI以上の仕事ができないと取って代わられるのは間違いないです。

 

金融の単純労働に未来はない!見切りを付けて行動すべし

 

私の業界はクレジットカードの三菱UFJニコスです。クレジットカードは将来的にはなくならないと感じます。

まあ近い将来にはなくならないです。ただし、金融業界と呼ばれる銀行はメガバンクをのぞいてなくなるのは間違いないです。

 

金融業界のバックボーンは全てAIにとって変わられます。全てが全てとは言えないです。そこは誤解なくお願いします。

 

今後、私たち金融業界に入るのはやめておいたほうがいいです。

AIにバックボーンの仕事はほとんど持ってかれます。バックボーンで生き残るのは、それなりのテクノロジー知識を持った人間だけです。SVがエンジニアとして生まれ変わって生き残ると思います。

 

金融業界、特にクレジットカード業界に入るとしたら。

私のようなバックボーンの配属はテクノロジーに詳しくないと危険です。テクノロジーの知識さえあれば、仕事にあぶれて他に飛ばされること間違いないです。

 

もしみなさんがクレジットカード業界の営業マンになるなら、そこは飽和状態になる可能性が高いです。

これはAIでは難しいです。これに関しては絶対、営業スキルをかなり持っていないときついと感じます。まあ、どんな仕事もやればキツイです。

 

共通して言えることはAIが入ったほうが人間ばかりの会社よりも確実に「人間関係のストレス」は減ることは間違いないです。

また、古い考えに固執した老害はいなくなるでしょう。

 

あなたがたが本気で金融業界に入るなら、この老害との戦いがあります。そこはAIやテクノロジーの知識、スキルを磨いて勝ちましょう。相手はテクノロジーも知らない無知な連中です。

 

気にしなくていいです。みなさんは今の業界を知るのではなくてAIなどのテクノロジー、仮想通貨(ブロックチェーン)を知ることを分析するのが一番いいです。

 

おすすめの記事