私は地方の中小規模の学習塾業界で3年間働いています。現在の年齢は38歳です。現在の学習塾に勤めるまでやはり教育業界に身を置いていました。

 

常に、子ども達の学力を上げていくことを念頭に置きながら、教材を作成したり、保護者会の準備をしたりとしているのが現在の私の仕事になっています。

 

もちろん、勉強を教えるだけでなく、子どもたちの悩みを聞きながらアドバイスをしたり、保護者のクレームや相談を受けたりという仕事もしています。

 

学習塾業界はAIでなくなってしまうのか?

 

この業種は第1に学力を上げることを目的としています。その他のことは保護者のニーズではありません。「先生たちが親身になって相談にのってくれた」「話しやすい環境で・・・」などありますが、それはある意味では「学力を上げる」というベースがあり、それに対応していくためにそうしているものだと思います。

 

なので、学校で教えるような道徳的なことなどは学校に比べると比較的弱く、いかにいい高校に通すのか?ということが主たる目的になっているのが現状です。

 

したがって、今後AIが普及すると学習塾のニーズは減ってくると思います。少子高齢化、塾講師の人手不足なども重なり、大手の学習塾でない限りなくなるのではないかと思っています。

 

先にも書きましたが、「学力を上げる」ことを主たる目的としているのならば、AIの方がはるかに優れています。

 

間違ってしまった問題のどこに原因があるのかということを過去のデータから瞬時に判断し、その子どもに応じた問題を適切に与えてくれます。

 

子ども達はそこで出題された問題を解き、それができるようになっていくと、間違えた問題ができるようになりますので、はっきりと言えば自宅でできます。

高い学費を払い、夜遅くまで学習塾に通っていた時間などを考えると、多少高いかもしれませんが、自宅でAIを取り入れたものを活用したほうがいいでしょう。

 

学費を支払う親の立場になってみても、夜遅くまで勉強し、体を壊すのではないかと心配しながら学習塾に通うよりも、自宅で自分に合った問題を解きながら学力をつけていけるほうを選ぶのでないかと思っています。

 

ただし、子どもの表情を見ながら「わかっているかな?」とか「簡単すぎて退屈しているな」などは人でないとわからないところではあると思うので、そういうことを求める人からの若干のニーズはあるかと思います。

 

学習塾の仕事がAIに奪われないようにすべきことは?

AIにとって代わられないようにするべきところは、人でないとできないところをいかに伸ばしていくかにかかっていると思います。

 

表情を見ながらタイミングよく話しかけていくことは人が最も得意としている分野ですので、それを上手く活かしながら学力を上げていくこと、できるようになったときにいいタイミングで褒めることなど、感性を上手に刺激していくようにすることが残っていくためには必要だと思います。

 

また、どうしてもAIで出題される問題は、パソコンやタブレットなどで見ると思いますので、そこには温かみはありません。

 

別に子ども達がそれを望まなかったらいいのですが、その問題には感情が入っていないように思いますので、子ども達ができるようになって欲しいという愛情を入れることができるかということも必要なスキルになると思います。

 

しかし、上記したことはそれを取得するまでに時間を要するもので、なかなかすぐにできるようになるものではありません。

 

これは経験上そう思うのですが、失敗したりタイミングを間違ったりしながら、その中での成功体験をもとに築き上げていくものです。

 

大手の学習塾ならば、その成長を待つ時間と成長のスピードを上げていくためのノウハウがあると思いますが、私のような地方の中小の塾や個人の塾ではそれを待つ時間と予算的な余裕はないと思います。

 

そのため、いかに学生時代からそのようなことを考えながら過ごしていくということが必要であると思います。

 

学力を上げることを第一の目標にしていますが、「対人」が基本の商売ですので、学力を上げるためのスキルを身に付けるだけでなく、空気を読み、今何をすべきなのかを瞬時に判断できる能力が必要となりますので、普段のコミュニケーションをとる中から考えていく必要があります。

 

AI時代に生き残るために鍛える技術は何?

 

今後AI時代がやってくるは避けることのできない事実ですので、その中で、コミュニケーションをもっととっていく生き方をするべきであると思っています。

 

現在は会社外の人とだけでなく会社内でもメールでやり取りをします。

 

私の職場の悪いところは、職場のグループラインがあり、メール以外の簡単な内容に関してはラインで済ますという悪い習慣があります。

社長自ら率先してやっているので、変更することはできないのですが、要件をラインで伝え、それにまたラインで変身していくという「対人」をやらなければいけない時代で、それを避けるような仕組みを導入しています。

基本は顔を見ながらであると思っています。

 

電話でも声のトーンや間の取り方などで相手の考えていることや状況を読み取ることができます。顔を見ながら話ができるとそれがもっとわかりやすくなります。

ラインなどは今考えていることとは別の表現をすればいいだけなので、相手の気持ちも考えずにできますし、表面的にしか判断できません。

 

どんなに便利になったとしても基本は人対人ですので、あまりSNSなどに頼らずに、人対人でコミュニケーションをとる生き方が必要です。

 

特に今の若い世代の人たちで、なんでもSNSで済ましている人で対人の職業に就こうと思っている人は、今からできる限りコミュニケーションをとっていく生き方をしてほしいです。

 

現在は塾でもAIによる授業を取り入れているところもあります。

 

こうなると人はいらなくなります。ただその場にいて、機械の使い方を説明し、最後に機会を預かり、全員が返ったのを確認して鍵を閉めて帰るということになり、そこに人は要らないです。

AIが選んできた問題に感情を込められるように、相手のことを考えてその問題に感情を込められるようにしていくことが大切になります。

 

AIと共存できるような生き方をしていくのが良いのではないでしょうか?

 

この人の意見や考え方はどうでしょうか?感想待ってます!

おすすめの記事