銀行業界の仕事は非効率で無駄ばかり!将来性ないからやめておけ!!




41歳・4年・250万・金融(銀行)。金融系勤務後、専業主婦を経て、派遣として復帰。ブランクと、給料に不安はありながらも、定時退社と気楽な派遣であることに魅力を感じた。

銀行業界では、人件費削減が最大の話題となっているが、派遣が大量に増え、事務は事務センターでまとめて行うという、この状況を身近で感じている。それゆえ、正社員の銀行員は、常にピリピリしている状況。悪循環。

 

  • まだ紙を大量に使っていて、ペーパーレス化がまったく出来ていない。
  • 少しでも間違いがあると、印刷しなおし、1つの書類を送るたけで、送付状を何枚も付ける。
  • 印鑑がないと、やり直し。全てにおいて、印鑑を必要とする。
  • その割に、最後に検印した人の責任はゼロ。意味のない押印。
  • 絶対に達成できないノルマを掲げている。やる気がなくなるだけ。
  • 無駄な会議を毎日数時間やっている。1日の大半は会議。

 

銀行業界で一番非効率なのは不必要な書類作成

やはり、未だに、書類の多さだと思う。書類が多いゆえに、事務作業が大量になる。その処理を急かされるので、またミスが多発する。

書類が無い、無くした、捨てたのか、毎日このような問題が起き、総出で探すという時間の無駄が発生している。

しかし、それを誰も解決しようとはしない。

どんどん、たまっていく書類、紙の山。それを保管するための金庫や、棚はパンパンの状態。
そしてそれを、定期的に整理しなければならない。

廃棄するものも、いったん再確認してから捨てるため、ただ廃棄するのにも、人数と時間がかかる。

無駄な書類のために、保管スペースと管理する労力は莫大である。

銀行の前に少しだけ派遣で働いていた、外資の会社では、ペーパーレス化が浸透しており、デスク周りもスッキリしていて、仕事もスムーズだった。

もちろん、その結果、ミスも少なく、書類紛失という、バカげた事象がない。

すべてデータ化されているので、探す必要もなく、情報を共有できている。

本当に、銀行は遅れている。まったく進化しようとしない。皆、自分だけは人員削減から逃れようと、必死になっているだけ。

わたしの勤めている事務センターは、半分以上は派遣社員である。

元銀行員や、金融関係での経験者を雇っている。

事務センターに配属された銀行員というのは、支店や営業で、使いものにならないか、問題がある者かである。よって経験豊富な派遣のほうが、格段に仕事が出来る。

通帳すら無くなっている昨今、なぜ、まだ書類仕事をしているのかわからない。

きっと、自分たちの仕事がなくなってしまうからだろう。いちばんに、不必要な人材であるというのが明確になれば、営業力もない銀行員は紙と同様、要らない。

効率化に関しては会社は改善しようとしない

無駄な改善会議ばかりしているが、まったく改善していないように思える。
事務処理の効率化について提案しても、上に聞いてから、まずは上に報告してからと、いっこうに改善しない。

そのくせ、自分たちの負担が少なくなるようなことばかり、先行して決めている。

その負担は、派遣社員にまわってくる。

システムの開発も本当に遅れているので、もうどうにもならないと思う。

優秀なSEに依頼すれば、簡単につくれるようなシステムも、なぜか、ただパソコンが得意なだけの普通の銀行員がやっている。

そのなかで得意な人、というだけで、まったく素人である。

こんな状況では、ペーパーレス化は遠い未来の話ではないかと思う。

大事な書類のみ、金庫に保管しているが、金庫のなかもパンパンになりつつある。

かといって、ただ棚に保管してある書類にも、個人情報満載である。

口座情報や資産情報を扱っているわりに、管理が徹底されていないことに驚く。慢心しているのだろうか。

定期的に、派遣社員にもコンプライアンス研修というものがある。

都心の一等地のビルの上層階で、銀行OBであろう人が、自分の過去の自慢をするところから始まる。

プライドだけが高く、銀行の順位や、グループ会社全体での大きさばかり誇張してくる研修も、まったく意味がない。

横領した社員の実話ドラマのDVDや、社長がこれからの銀行を語るDVDなど、数時間見せられる。
こんな研修にお金をかけ、時間がとられているのが無駄である。

このような研修にくわえ、システム上での研修も頻繁にある。

その後、アンケートに答えて終わりという、何も意味のないことをやらされている。
いまだ、書類が無くなったら、部署全員で探す。

何も対応していないように思える。

非効率なのにミスが許されない閉鎖空間

一番きつい所は、ミスが許されないということ。かといって、時間制限もあるので、的確に処理していく必要がある。

何時まで、今日中、という限定があるものが多く、切羽詰まってしまう。

焦ってしまい、ミスが増えると、またやり直しの時間がかかってしまう。

常にいくつかの案件を処理しているので、電話対応しながら、メール対応しながら、遅れのないようにしなければならない。

毎日、今期のノルマ達成まで、まだあとどれくらい足りないとか、事務事故(重大なミス)があった報告などがあり、どんよりしている。

精神的にも肉体的にもきつい。

トイレに行く暇もない時がある。そのせいで、体には良くないとわかっていても、なるべく水分を摂らないようにしている。

お昼休憩は1時間あるが、自分の仕事が、時間までに終わりそうにないと判断し、早めに切り上げることも多い。それを知っていても、上司は、何も言わない。

やりがいは、日々、大量の事務処理をこなしていくうえで、早く終わったときに少しだけ感じる。
その他は、お金のためにやっている。

直接、顧客と接するわけでもないので、あまりやりがいは感じない。

もちろん、顧客と接する人(営業)は、そうとうな気苦労をしていると思う。いちばん大変な部署は営業だ。

どんなに、処理スピードが早くても、特段褒められるわけでもないので、とにかく、ひたすら、ひとつひとつの処理を正確にすることしかない。

しいていえば、繁忙期が終わり、大きな山が終わったときに、上司から、ねぎらいのお菓子をもらったときくらい。

仕事に追われ、疲れたからだには、とてもしみる。

電話対応していて、相手がとても感じのいい方で、こちらの対応に、お礼を言われたときにも、やりがいを感じるがその程度

今後3年で銀行業務は減り老人裕福層をターゲットにする

2019 12 09 10h18 52 - 銀行業界の仕事は非効率で無駄ばかり!将来性ないからやめておけ!!

銀行は、かなりの店舗数と人員の削減が施行される。これは予測ではなく、計画として発表されていることである。

英調査会社のリテール・バンキング・リサーチ(RBR)によると、2018年末の世界のATM台数は前年末に比べ1%減の約324万台で、初めて減少に転じた。世界でもっとも設置台数が多い中国は69万台で前年に比べ6.8%減った。2番目に多い米国も43万3500台で、0.9%減った。

銀行ATM、世界で減少 キャッシュレス決済普及
2019/7/21 1:30日本経済新聞 電子版

ネットの普及したいま、若い人たちは、口座、通帳を持っていない人も多い。

特に、銀行窓口に預金、引出、払い込みに行くような人は、時代にも遅れている人たちである。

窓口に来店する人も、10年前に比べて、4割程度減っているらしいが、ATMの利用者も減っているのではないだろうか。

無料のネット決済や、アプリ決済など、キャッシュレス化にともない、人々の決済方法は変化している。

時間と手数料の無駄をはぶけるのだから、みな、その方向へ進んでいく。

銀行からは、どんどん足が遠のいていくはずだ。

銀行も、お金にならない窓口業務はストップして、お金のある人への営業で利益をあげていくしかない。

狙いは高齢者の裕福層で相続が目当て

高齢化社会においては、遺産相続の分野はこれから伸びしろがあるかもしれない。

どの家庭でも、お金があればあるほど、もめるのが相続である。自分がお金持ちでも、もらえるものは欲しいのである。

遺産相続を入り口に、そこから、その人、その家族の資産状況がすべて把握できるので、銀行にとっても、いい客をみつけやすい。

そして、公正証書の保管や、実際、亡くなった後の手続きでの、その手数料は安いものではない。

これからは、一般庶民を相手にするのではなく、富裕層にターゲットを絞っていくことになるのではないか?

ペーパーレス化によって、通帳をなくしていく方向だが、それなら銀行でなくても良い。ネット銀行で良いのだ。

また、口座維持費の問題がある。

一定の預金がある人などをのぞいて、口座維持費がかかることになると、ますます銀行離れは進んでいくことになるだろう。

 

正直、銀行員の転職はお勧めしない

2019 12 09 10h19 09 - 銀行業界の仕事は非効率で無駄ばかり!将来性ないからやめておけ!!

転職はすすめない。むしろ、早めに辞めたほうが良いと思う。

銀行は、大学生にとっては花形の就職先であったのは、過去の話になろうとしている。

しかし、銀行に入るには、相当な難関を突破しなければならない。その就職戦争を勝ち抜いてきたわけだから、人材としてはすぐれていると思う。

銀行に転職するとしても、数年間、ノウハウや、知識を身につけるための勉強と思えば良いのではないか?

あの営業ノルマ、達成主義を乗り越えられた人は、どこの会社でも通用すると思う。

ホワイトの仮面をかぶっているが、中身は、かなりのブラック企業並みの境遇だ。

一般人から見た銀行員は、笑顔で腰が低い、優しい人のイメージがあるが、実際、上司は反社会勢力の人のような恫喝をしているし、女の人間関係においては、最悪である。

自分のノルマをあげるために、お客さまに、うまいこと言っていろんな商品を買ってもらわなければならない。

その商品を自分が買っているか、自分の家族にもすすめているか?それは絶対にない。

そんな商品を、さも良さげにアピールし、買わせる行為ができるのは、ある意味、心が無いように思える。

その営業力があれば、他で発揮できると思う。

ただ、宅建やFPの資格があるほうが断然有利なので、学生のうちや、時間のあるときに勉強しておいた方が良いと思う。

仕事しながら、その勉強時間はとれないだろうし、やる気が起きないと思う。

その資格は、銀行を辞めてからでも、十分役立つ資格である。

派遣の場合でも、FPを持っている、宅建を持っているだけで、時給が数百円アップする。
数百円だが、月給で見ると、かなりの差額になる。

どちらも、勉強は半年以内で足りる。要領の良い人は数週間で合格する。また、テキストなども豊富である。

能力自体は高い人の集まり、ただ業界が衰退しているだけなのだ。

この人の意見や考え方はどうでしょうか?感想待ってます!

AI時代に最も将来性のあるスキルは何?

AIがどんどん人の仕事を侵食し、ビジネスがオンライン化して対面の仕事が減り続けている今身につけるべきスキルとは何なのか?沢山の人に書いてもらいました。

そこで一番に出てきたのが「プログラミングやAIそのものを扱うスキル」です。確かに言われていればその通りで、使う側に自分が回るというのが一番リスクヘッジになりそうです。

 

そうはいってもなかなか初心者がゼロから学ぶのって大変です。そこで数あるプログラミングスクールを調べた中で最も良かったのがここです。今なら無料体験のテキストを使って天気予報を学べる講座が解放されています。

ウェブデザインから動画編集まで学べる総合コースなのありでお得でした!

 

blank blank

おすすめの記事