看護師の仕事はAIでなくなるのか?現役が将来性を真剣に考えた!?




現在看護師として働いている29歳の者です。病院に務めていた年数は約6年になります。看護大学を卒業後、総合病院の外科病棟(外科、口腔外科、泌尿器科の混合病棟)へ配属となり約5年間働いていました。

 

この5年間は3交代勤務で夜勤等もあり、新人教育やチームリーダーとしての仕事にも関わっていました。

その後結婚と引越しのため1度退職し、昨年より整形外科外来で務めています。現在はパートのため多くは週3日程の半日の勤務になっています。

 

看護師の仕事はAIによって奪われてしまうのか?

 

AIが導入されることで仕事が完全になくなるということはないのではないかと現在は考えています。その理由は、AIにはできなくて看護師の方が得意とする部分がまだあるのではと考えるからです。

 

現在働いている外来での業務の中で、AIに任せられるかもしれないなということがいくつかあります。問診や注射等の予約などです。

 

問診は、用紙に名前や年齢、どのような症状で来院したのか、既往歴やアレルギーなどを記入してもらうのですが、記入してもらった内容をもとに更に看護師が問診室などで患者さんと話をしています。

 

問診の用紙がパソコンやiPadなどの入力になり項目が詳細になっていればそのまま医師の診察時に使用しても良いのではないでしょうか?

 

注射等については、現在働いている職場では定期的に注射をする治療や手術前検査の予約などが必要になることがあるのですが、それらも現在は看護師がカレンダー等をみながら「次は一ヶ月後ですが(手術の1周間前頃に検査が必要ですが)どこにしますか」と一人ひとり確認して予約を入れています。

 

予約を入れる時期や決まりごとがしっかり伝わるようになれば、処置が終了した後で待合室で各自で予約をしてもらうことも可能ではないでしょうか?

 

以前は病棟で働いていたのですが、話せばカルテが記入される機械はないかと思っていました。

 

患者さんのもとへ行き異常はないか観察などをし、ナースステーションへ戻りカルテを入力していました。

 

あるサイトを見てみると、耳にイヤホンのようなものを装着し話したことが電子カルテに入力されたり、医師の指示が確認できたりというものが開発されているそうです。

 

このシステムがあれば、AIに頼りながら効率よく仕事ができるなと感じました。

 

 

しかし、問診記入時にはっきりとどこが痛いのか不明であったり機械の操作が苦手な方もおり、全ての患者さんに対応するのは難しいかもしれません。

 

注射等の予約も悩む方がいると思います。実際に患者さんのもとへ行き観察する者も必要です。

 

看護師の全体的なニーズは減ってしまうかもしれませんが、予測ができない人間的な関わりが必要だと思うため、AIを味方につけて働くことができれば仕事はなくならないと考えています。

 

看護師の仕事がAI奪われないためにすべきこととは?

 

AIがどのようなことをどこまで正確に行えるのかはまだわからないのですが、AIにはできないことを持っていなければその仕事はいらなくなってしまうのかなと思います。

 

患者さんとの問診や処置などでの関わりであれば、ただ機械的に症状や既往歴を確認したり、処置を行うだけではなく、話の聞き方であったり伝え方を考えながら行うことで患者さんは安心することがあると思います。

 

また、数値などのデータの分析はAIのほうが得意だと思いますが、人間だからこそちょっとした表情の変化などから患者さんの体調や気持ちの変化に気づけることもあると思います。

 

患者さんにとって温かみのある関わりができることがAIが看護師の代わりとなれない部分なのではないかと考えています。

しかし、看護師が温かみのある関わりを行うためには医療の知識だけをつけても上手くいかないと思います。知識などの情報はAIの方が正確に覚えていますし、その量も人間とは比べものにならないからです。

 

そのため、医療の勉強もしつつ教養などを身につけることが必要なのではないかと思います。

 

基本的な患者さんとのコミュニケーションのとり方などは学生のうちに授業で学んできましたが、実際には指示されたことだけをこなしたりただの作業のように仕事をしている人もいました。

 

その人達は現在は看護師として需要があるかもしれませんがAIが代われるようになってしまえば職を失うことになってしまうのではないでしょうか?

 

そのため、日々自分が患者さんやスタッフのために何ができるのか、更に必要なことはないかなどを考えて仕事をすることで仕事が機械的にならず、新たに看護師としてできることが発見されてくのではないかと考えています。

 

AI時代において医療業界で生き残っていくための考え方とは?

 

今は実感がわかなくても、AIが生活の中にあることが当たり前になる時代が来るのだろうと思います。

 

病院の中にPepperのようなものが当たり前にいて問診をとっているかもしれませんし、もうそのような病院があるかもしれません。

 

そのため、機械は苦手などと受け入れることをしなければ、社会から遅れをとったりこれまでと同様に非効率的なまま働くことで時間が有効に使えないなどマイナスな面が出てきてしまうのではないでしょうか?

 

もちろんAIにできないこともあるでしょうし、導入してからもとの方が良かったという場合もあると思います。

 

 

しかし実践してみなければ良いのか悪いのかが想像だけになってしまうので、まずAIはどんなものなのか知るところから始め、できるなら使いこなせるように勉強ができると良いのではないかと思います。

 

 

AIなどを使いこなせる人にはそこを任せて、自分は他にできることをするという選択も良いと思います。

 

AIを導入することで時間が有効に使えるようになるなら、看護師はもっと患者さんとの会話などに時間がとれたり、病院にいながら違うことができるかもしれません。

 

看護師として病院に務めるのではなく他の職種として別の場所で仕事をしたりできるかもしれません。

 

そのためにAIはまだまだ先だと考えず、ただ仕事を奪う怖いものととらえるのではなく前向きに考えられると良いのではないでしょうか?

 

様々な情報に敏感になり、自分の職場や生活でどうAIを活用することでより便利に人に喜ばれることができるか考えて生きて行けば、AIがただ怖い存在とはなりにくいと思います。

 

また、いくつになっても自分に必要なことがあれば自主的に学習できるという姿勢をもつことで、どんな変化があったとしてもその変化を楽しみながらAIとともに生活していけるのではないかと考えています。

この人の意見や考え方はどうでしょうか?感想待ってます!

おすすめの記事