イラストレーター兼デザイナーの32歳男性です。この業界では9年目になります。現在は独立してフリーランスとして活動していますが、大学卒業後、一般企業に勤めながら兼業としてフライヤーやチラシ、ポスターの制作等を手掛けてきました。

 

飲食店や地域の自治体等のクライアントが多く、メニューやノベルティ、店舗の装飾品やイベント告知などの宣伝広告など、主に紙媒体をメインとしたグラフィックデザインを手掛けてきました。

AIが導入されると減っていく作業は結構ある

 

仕事自体がAIで無くなることは無いと思っていますが、現在取り組んでいる作業の大部分は無くなる可能性が高いと思われます。

 

営業→受注→ヒアリング→企画・立案→ラフ作成→プレゼンテーション→制作準備→制作→納品という流れで現在仕事を進めていますが、この中ではヒアリング~プレゼンテーション以外の工程はAIによって省略することができるのではないかと考えています。

 

今やSNSでの営業活動も当たり前となっており、bot等を上手く活用すれば営業活動は完結します。

 

受注に関する手続きなども、ある程度決まりった作業なので、一度フォーマットを作成しておけば人手は不要になります。

 

制作の作業的な部分に関しても、レイアウトや調整などのルーティンな作業はアプリに動作を記録しておくことで現在でも省略が可能であり、今後さらにアップデートされ効率的になることが予想されます。

 

このように大部分の仕事をAIによって代替可能にはなりますが、「何を」「どのように」デザインするかを決定し、指示するのはあくまで人間の仕事となります。

 

また、依頼するクライアントが人間である以上は、人間が責任を持ってプレゼンテーションする必要があるでしょう。

 

よって、従来のようなillustratorやphotoshopを使いこなして与えられた指示通りに制作するだけというデザイナーはニーズが減ると思われます。

 

逆に、実務的な能力は無いがクライアントとの打ち合わせに長けていたり、企画・立案能力がある、プレゼンテーション能力があるという人材がこの職種に就くことが可能になるので、現在の「デザイナー」という概念とは変化するかもしれませんが、新たなニーズを創り出す可能性はあります。

 

AI導入でデザイナーの実務部分は減っていく

 

従来の実務的な部分がAIにとって代わられるのはほぼ間違いないので、それ以外の代替不可能な点に着目し、差別化を図ることが重要だと思われます。

 

AIでは実現不可能なこと、AIがやるまでもないことの2点に絞って人間の能力を注ぎ込むという試みが必要ではないでしょうか?

 

例えば、AIは外出して広く顔を売って歩くということはできませんし、クライアントと飲んでお互いに親交を深めるということもできません。

 

インプットしたことをアウトプットする能力はあるかもしれませんが、誰も思いつかないような突飛な発想を生み出して周囲を驚かせるということも無いでしょう。

 

伝統工芸など、人間がアナログで生み出した創作物などを学習し、限りなくそのものに近づけて再現するというスキルもあるかもしれません。

 

だた、それはあくまで「アナログ風」であって「アナログ」ではありません。どれだけ「アナログ風」のものが安価で大量生産できたとしても、「アナログ」に価値を見出し、大金を出して満足を得るという人が存在する以上はそこにAIの価値はあまり見いだせないと言えるでしょう。

 

つまり、デザイナーはAIが成しえない、人と人の関わりから生み出される仕事や、人間ならではの各々の個性が見られる「アナログ」な仕事という点で差別化を図り、勝負していくべきではないでしょうか?

 

AIが普及し、世の中の全てのデザインのレベルが上がり、甲乙つけがたくなるということが予想されます。

 

その時に決め手となるのがクライアントとの日頃のコミュニケーションによる関係構築であったり、人の心を打つようなプレゼンテーションになってくるのではないでしょうか。その重要性を改めて考えていくべきだと思います。

 

AI導入で作業は入れ替わるが仕事がなくなるわけではない

 

どのような仕事も、AIの登場によって作業的な部分はバッサリと無くなり、大きな変革を余儀なくされるということは考えられますが、仕事自体が無くなるということはそこまで無いと思われます。

 

コンビニの自動レジ化で店員が不要になったということはありますが、それはもともと「仕事」ではなく単なる「作業」だったと考えるべきでしょう。

 

レジ打ちの手間が無くなったとしても、顧客の購買記録を分析して新たな陳列を考案したり、商品を選定するという「仕事」はなくなることがありません。

 

これはどの業界のどの職種にも当てはまることであり、AIの登場によってむしろ新たな仕事を創り出す機会ができたと考えるべきでしょう。

 

人間でしかできないことを咄嗟に判断し、実行していくことのできる人間が今後のAI社会で重宝されると思います。

AIでどれだけ仕事が効率的になり、便利になったとしても、そのサービスや商品を受け取るのは人間であり、どの仕事にも人間が必ず関わってきます。

 

仮に今ある全ての仕事がロボットに任せられるようになり、人間が何もしなくてもいいようになったとしても、決して人間が消滅するわけではありません。

 

欲求を持つ人間はそれぞれの本能のもとに、何かを求め始めるでしょう。その時に、人が何を必要とし、どのように提供していくかということを考えることのできる人間は強いと言えます。

 

重要なのは過去の実績や肩書きではなく、その時々に応じて対応していくことのできる力でしょう。

 

その力を養うには、日頃から柔軟な考えを持ち、常に新しいことにトライしていく姿勢が重要になってくると思います。

 

そうしたことの積み重ねで、ロボットには無い「人間の勘」が鍛えられてくるはずです。

この人の意見や考え方はどうでしょうか?感想待ってます!

おすすめの記事