2018 06 02 22h01 24 - IT業界の今後は?2018年以降もAIで本当に仕事が増えるのか!?

私は今年26歳になります。現在働いている会社はIT業界に位置する会社で、事業としてはITに関するコンサルからネットワーク・サーバーの構築まですべてを自分の会社で実施していたり、データセンター事業にも取り組んでおります。

業種はインフラと呼ばれるネットワークやサーバーの構築・運用や社内のサポートデスクの仕事を行っております。現在の会社は新卒として入社してから今まで勤務しておりますので、今年で4年目になります。

 

AIの普及で2018年以降もIT業界の仕事は増えるのか?

 

今働いている会社の業種はIT関係ということもあり、2018b年現在と変わらないかそれ以上のニーズがあると思います。理由としては、何点かありますが、仕事内容別に回答します。

現在の仕事の中で、サーバーやネットワーク環境の構築を行っているのですが、例えばパソコンを特定のネットワークに接続したいと思った場合、機器へのコンフィグ(設定)の投入などをする必要があるのですが、

 

その設定はAIが行うことができたとしても、設定ミスをさけるために確実に正しい設定が行われているかどうかは、必ず人のチェックが必要になると思います。

 

また、機器を接続する場合LANポートにLANケーブルを接続したりする必要があるのですが、この作業もLANケーブルが正しいポートに接続されているかなどを判断するためにも人間が実際に接続して確かめる必要があるかと思います。

社内ネットワークやサーバーの維持運用の仕事も行っているのですが、障害が起きた時にはシステムの停止時間をなるべく短くするために迅速に対応しなければなりません。

 

AIはおそらく一度も経験していない(学習していない)ことには対処が難しいと思います。

 

それにその判断がAIにできたとしても自動で判断して復旧をされると別の箇所で障害が発生したり、絶対に停止してはいけないシステムの停止などにつながる恐れもあるため、AIのみに任せるというのもやはり難しいのではないかと思われます。

 

さらに、ネットワークやサーバーの設定を変更したりすると自分たちで把握するために管理資料を作成するのですが、

 

AIに任せて資料の更新などを怠っていると人間も変更した設定が分からなくなり、障害が発生した時などの判断材料がなくなってしまうからです。

 

 

AI導入時後にIT業界で生き残るために必須のスキルとは?

 

今後AI社会となっていくと、1つの業種などに特化する仕事に関してはAIに仕事が奪われる可能性があると思います。

 

なぜならば、AIは決められた1つのことを学習することに関していえば人間をはるかに超える可能性があるからです。

 

1つの仕事しかできず結果も一緒ならば、人間とAIどちらを仕事に取り入れる?という質問をあらゆる会社にしてもおそらくAIのほうが圧倒的に多くなるのではないかと考えられます。

 

そうならないためにまず行ったほうが良いと思うのが、1つ以上の仕事ができる能力をつけることだと思います。

 

1つの会社でずっと働いている人と、転職を何回かしていろいろな職種を経験している人では、知識や経験値に圧倒的に差がみられます。

 

この知識量や経験値をAIに対抗する手段として身につけておくことで、AIにも仕事を奪われることがないのではないかと思います。

 

私自身がこのような知識や経験を身につけるためにしていることは、まず自分の仕事以外の知識が技術を勉強しておくことです。

 

現在の仕事で必要なのはサーバーやネットワーク等インフラに関する知識なのですが、現在私はWebサイト等の作成に使用されるHTMLやCSSの勉強に取り組んでおります。

 

この勉強は自分の今の仕事ではあまり役に立ちませんがもし、Webサイト作成に関わる仕事を現在の会社で実施することになったとすると何の知識を持っていない人よりも優位に立つことができます。

 

会社は現在1つの業種に特化するというよりも、幅広い分野に事業展開している傾向にあるので、自分の勉強や知識が役に立つことがきっとやってくると思います。

 

そのときにはAIに仕事をとって代わられない人間になっていると思います。

 

AIに仕事を奪われないために身に着けるべきスキルとは?

 

今後AI社会になり、AI搭載のロボットなどが登場してくるといよいよ私たちは普段の生活でも掃除や家事などをあまりしなくなってくる可能性があると思います。

 

そうなると仕事だけではなく日常生活においても今まで以上に努力しなくなっていくのではないかという懸念があります。

 

そうならないためにも、まず仕事においては人間が行うことによる付加価値を見出すことが必要だと思います。

 

例えば、絵描きの仕事をAIがやったとしてその絵がどんなに素晴らしくても欲しがる人ってあまりいないのではないかと思います。

 

なぜなら、絵など芸術作品は人間でしか持ちえない感性で描かれているからこそ価値があるため、この画家が描いているからこそ買うのだと思うからです。

 

この付加価値は芸術作品だけではなく多くの仕事においてやり方次第でつけることができるものだと思うので、この付加価値を生みだせる仕事をしていくべきだと思います。

 

また、日常生活においては、ロボットが登場したとしても自分で行うと決めた行動は必ず実行するという意志の強さを身につけなければいけないと思います。

 

人間は気が付けば楽な方へどんどん流されてしまい、それが周りの人も同じ状態になるとその状況に安心してしまいます。

 

そのような環境で周りにその状況を非難する人がいなかった場合、その状況が正しいことなのだと勘違いをしてしまい、やがては運動不足で筋力が落ちて不健康になっていってしますのではないかと思います。

 

そうならないためにも、今からこれだけは絶対に他人に任せず自分でやりきるということを1つでも決め、それを絶対に達成していく癖をつけることで楽な方に流されにくくなるのではないかと思います。

 

あなたもそう思いませんか?


AI2 - IT業界の今後は?2018年以降もAIで本当に仕事が増えるのか!?
コメントを残す

関連キーワード
  • 2018 06 02 22h01 24 150x150 - IT業界の今後は?2018年以降もAIで本当に仕事が増えるのか!?
    IT業界の今後は?2018年以降もAIで本当に仕事が増えるのか!?
おすすめの記事