金属加工業界の将来性は?AI導入でどう変わるのか?必要なスキルを考えた。




働いている仕事の業界は、自動機械で鉄を削り製品を作る業界にいます。社名は伏せさせていただきます。ですが大手企業の子会社半導体など作っている有名な会社です。業界としては金属加工になります。

勤続年数は10年目です年収は安く300万円位です。

仕事では機械を動かす為に図面と照らし合わせたプログラムを作り加工をしています。この仕事では、製品を作る為のデメリットがあります。

 

【 現在金属業界が抱えている問題 】

  • プログラムの確認が大変。
  • 動きのプログラムの確認をしないと危険。
  • 工作機械にあった回転数や送りを計算して機械を動かさないと危ない。
  • 工作機械が動いたら目を離せない。
  • 工具をつける事は人任せ。
  • プログラムを動かす前の段取りに時間が掛かる。

金属加工業はAI導入でどう変化してくのか?

今の業界では工作機械を使い金属を削り一つの形にするのですが昔と違いだいぶプログラムに関しては、楽になりました。

それはCAD、CAM上で改めて確認が出来るからです。

 

しかしデーターは結果だけしか今の所表すことができず確認作業が大変なのは事実です。

ですから将来性としてAIを導入して確認作業を完璧に出来る様になれば間違いも減り、危険ではない環境になるのかもしれません。

またAIを導入することで人で不足もなくなる事でしょう。

今の現状ですと何台もの工作機械を一人で使いこなさなければならず大変なのです。

ですので慣れるまでの期間に失敗はつきまといます。

またこの失敗することにより新人さん(若い芽)が辞めてしまうということが発生してしまうのです。なので機械加工の現場環境は益々年齢が上がっていき衰退してしまう状態になってしまいます。

しかしAIを導入すれば失敗も少なくなり辞めていく新人さんもいなくなる他、日本文化である作る技術も上がっていくようになるのではないでしょうか?

想像する限りでは機械加工の段取りだけを人に任せて後はスタートボタンを押せば品物が出来上がり、工作モノを作っている工具の寿命を教えてくれるのではないかと考えています。

また話しながら対話式の方法や時間の使い方が容易になり将来性としては自由な環境で、誰でも安全に使いこなせてしまう機械になるのだと感じます。

今でもその様な機械はありますが、結果として同じ機械の観察をしながら違う機械を使っているので、時短にはならず多くの製品を作る事は出来ません。

このAIを導入して機械に様々な情報を取り入れる事で、機械の癖を自然に読み取り勉強もしてくれ今以上に便利になるでしょう。

しかしながら楽になる現場になることはいいのですが、準備は人なのです。

最終的に機械は機械でデーターを元にしての動きは完璧になりますが、工具を準備したりするのは個人の人になります。

なのでAIがどこまで進歩しても人の働く環境は楽になりますが、準備をする事はマニュアルになるので、作る時間は大変短くなりますが、出勤してからの工作機械との戦いは変わりはないのでしょう。

金属加工の仕事がAIに奪われないようにすべきこと

2019 04 01 21h51 54 - 金属加工業界の将来性は?AI導入でどう変わるのか?必要なスキルを考えた。

金属加工の仕事をAIに全て変わらない様にするには、マニュアルの方法で作る品物を分けることが大事です。

データーを積み重ねて新しく進化するAIですが、その基準は過去の事なので人の感覚とは違います。

それは目で見る視覚や一瞬の嫌だと感じる心の在り方です。

ですので製品作りは同じに完成したとしても、感情を込めた製品はそれだけ顧客には伝わります。

例えばワープロの文字と人が感情を込めた字のごとく見て楽しむ差が生まれるのです。

AIでは利便性に非常に富んでいて使い始めれば人よりも動き何十倍も製品を作るでしょう。

しかし味のあるその人でしかできない製品というのは作れないのです。

またサイズの問題でも規格外の製品を作る事があります。

そうした時はデーターにないとしたら人の勘が頼りになります。このデーターにない人の勘はAIには無理に等しいです。

製品作りでは速さを求められ今は大量生産をしている会社が殆どですが、大手企業の下請けでは勘がたよりの職人さんが殆どです。

しかも機械を使っているのにも拘らず、新しい機会に対しては使おうとしません。

この職人魂で現場では切磋琢磨して一つの製品を作るにしても話し合い孤独に作る事に対しての研究をしています。

しかしその研究もAIがするとなれば太刀打ちできない状態になってしまうかもしれません。

 

ですが、そんな状態になれば危険な工作機械でも女性が働ける環境にもなりますし、一つの働き方に変化が起きるのではないでしょうか?

 

工作機械を使う企業ではいまだに男性は危険な仕事を任されることがあります。

そうして機械を使いたいと感じる女性でも危ないからという理由で、検査部門で働くことが多いのです。

ですが、AIを導入して安全に段取りだけの環境になれば男女問わず働ける現場になります。

将来金属加工業界に入りたい人に必要なスキルとは?

2019 04 01 21h51 00 - 金属加工業界の将来性は?AI導入でどう変わるのか?必要なスキルを考えた。

今の職場では、半AIの様な環境です。機械を動かす為の準備や確認作業、そうして加工するための準備作業、また寸法確認などあります。

これから製造業とくに職人さんのいる業界では昔かたぎな人が多くいます。例えば見て覚えることや、仕事を教えない人も中にはいます。

 

掘削製造業はそんな一癖ある人が多いのです。

ですが、AIが導入されれば困ってしまう職人さんたちの環境でもあり、これからの若い人たちが活躍できる現場でもあるのです。

それは柔軟な発想力がある事と今の世代の問題です。

 

製造業では今は息子世代の二代目が多くいます。特に流行りに敏感な世代でもあり、楽をしたいとゆう世代です。

なので、AIが製造業を担う手助けをする様になれば飛びつきます。

そうなった時に役に立つのがプログラムです。

特に昔の機械工作で使っていたプログラム言語をマスターしておくといいでしょう。

 

それは、AIでも動かなくなってしまう時は必ずあります。

そうなった時に困らない様に手打ちの方法をマスターしておくといいでしょう。またマクロなども覚えておくと非常に便利です。

マクロはある程度自動で動かせることが出来るのでおすすめします。そうして製造業に入って助かる資格としては工作機械を扱うにあたって図面の知識を補うためにCAD。

そうしてプログラムを学ぶためにCAMの知識を覚えると製造業ではいいでしょう。この二つは工業高校などで簡単に勉強できてしまいます。

また専門学校などもあるので通って覚える事も可能です。

中々仕事を始めると学校に通えないので働く前にガッツリと基本だけでもマスターするとPCでデータを作り工作機械に入力して仕事が出来るので良い方法だと思います。

また使用工具の使い方と回転数や送りも覚えておくといいでしょう。

多少機械によっては変りますが、覚えるだけでも仕事は早く終わります。

最後に怪我をしない様に体力だけはつけて下さい。現場では体力を非常に使うので、体力は必要です。

この人の意見や考え方はどうでしょうか?感想待ってます!

おすすめの記事